よくあるパターン

テレビ番組のおきまり共通パターン集

サスペンス

2017/8/6 UP!!

◆テーマ◆
  • サスペンスドラマでの定番パターン

(企画/テレビる毎日)

  • お墓参りに行くと、なぜか同日同時刻に別人物が墓参りに来ていて、出会う。両者にはわだかまりのある場合が多い。 NEW

    わおわお(大阪府・男)

  • 「話したいことがある」「〇〇に来て欲しい、見せたいものがある」などと事件の真相に気づいた人や何かを打ち明けようとして待ち合わせをした人物は、大抵遺体で発見される。

    まる子(北海道・女)

  • ぽつんと立つ怪しい人影は、一瞬目を離すと必ず消えている。また、その人物は事件と何かしら関わっている。

    みさいる(神奈川県・男)

  • 「あれは事故じゃない、事件だっ!」の後にBGMが盛り上がる。

    みさいる(神奈川県・男)

  • 2時間ドラマで、比較的早い段階で、多少なりとも知られている俳優が殺された場合、かなりの確率で、その後その俳優の役の回想シーンがある。

    ぬけさく(宮崎県・男)

  • 事件の核心に迫る内容を後に話しますって言った人は殺される。

    マックスマン(男)

  • 事件で殺された被害者は、大抵金をせびって犯人に殺される。

    はらだ(富山県・男)

  • 犯人は最後に泣き崩れる。

    かんちょー(大分県・男)

  • ストーリー中に出てくる政治家は、たいてい悪事に絡んでいる。

    utty(静岡県・男)

  • (視聴者視点で)犯人には同情できるが、被害者(特に最初の)には同情できず、むしろ自業自得と思ってしまう。

    utty(静岡県・男)

  • エンディングで、新たな事件が起こる場合が多い。その場合は本題の事件とは違い、主人公たちはなぜか明るく取り組もうとするところで終わる。

    o_o0_0l_l(大阪府・男)

  • サスペンス三大パターン
    • 事件をネタに揺するやつは殺される。
    • もみ合いになって、ナイフが刺さる。
    • 犯人に殺されないで、襲われるだけの人間は、高い確率で真犯人。

    シャルトン

  • 「浅見光彦」シリーズで、光彦が事件を調べていて最初は警察幹部に「部外者は事件の調査はしないように。」と言われるが、警察庁幹部である光彦の兄が、光彦がいる地区の警察幹部に「弟がそちらで事件調査をしています。迷惑をお掛けします。」と電話したら、態度がころりと変わり、その警察幹部は必ず「幹部の弟さんでしたか。」と言って、事件の調査をすることを認める。

    ジス(岡山県・男)

  • 女性が主人公のサスペンスドラマでは、ヒロインの相手の男性((元)夫,(元)恋人)の職業が刑事である場合が多い。

    しゅばっく(東京都・男)

  • 十津川警部が辞表を忍ばせていると、亀井警部も「警部一人にそうはさせません」と内ポケットから自分の辞表を取り出して見せる。

    おのれ十津川(神奈川県・男)

  • 十津川警部は「われわれも一度、○○号に乗ってみようじゃないか」と言って犯人が乗車したのと同じ時刻の鉄道に乗る。

    おのれ十津川(神奈川県・男)

  • トリックの謎を解く鍵は身近かな人物のとった何気ない行動で見つかることが多い。

    痴々庵(岐阜県・男)

  • 犯人が女の場合、たいていフルーツナイフで刺し殺す。

    みか(東京都・女)

  • 路地に逃げ込むと行き止まり。

    江戸川団員(千葉県・男)

  • 金に汚い人間が最初に死ぬ。

    江戸川団員(千葉県・男)

  • 刑事は、なぜか高級ホテルに泊まり、温泉に入りのんびりくつろいでいる。

    ホイ(東京都・男)

  • 有名な資産家は過去に誰かを自殺に追い込んでいる。それを恨む者は家政婦になって資産家の家に忍び込み、資産家を殺してしまう。

    江戸川団員(埼玉県・男)

  • 難解なトリックは、犯人の些細なミスか、脇役のちょっとした思い付きが突破口となって暴かれる。

    江戸川団員(埼玉県・男)

  • 病院が舞台の殺人事件で、被害者は大体生命維持装置を切られるか、酸素マスクを外されて殺される。

    大木慎太朗(大阪府・男)

  • 犯人が自殺を図ろうとした瞬間に、その犯人の肉親や親友が車で到着する。

    江戸川団員(埼玉県・男)

  • 刑事が聞き込みに回るときに「こんな人を知りませんか?」と差し出す重要参考人の顔写真は、カメラ目線でにっこり笑ったまるでブロマイドのような写真が多い。

    さっちゃんはね♪(愛媛県・女)

  • 事件をネタに、犯人をゆする(脅迫する)やつは絶対に殺される。

    シャルトン・J(男)

  • 犯人が、罪を犯した直後、街中なり自宅なりでテレビをつけると、偶然にも(?)自分の犯した事件の臨時ニュースが流れてくる。

    hee(男)

  • 京都の茶道、華道、日本舞踊の家元はたいてい跡目相続や派閥争いでドロドロしていなければならない。

    わかめ酒(岡山県・男)

  • オープニングに土木工事現場が映った場合、作業員が白骨死体を発見することが多い。

    わかめ酒(岡山県・男)

  • 早朝、犬の散歩をしているじいさんは高確率で植込みの他殺体を発見する。

    わかめ酒(岡山県・男)

  • 本編で関係のないシーンで釣りをしている人は、かなり高い確率で溺死体を見つける。

    わかめ酒(岡山県・男)

  • 始めの方で夜道を歩いてる男は、何者かによって切り殺されてしまう。

    ローン(静岡県・男)

  • 最初の1時間くらいに出てくる犯人らしき人(かなり怪しい行動をとる)は絶対に犯人ではなく、それまで全くマークしていない人が犯人である事が多い。

    みや(群馬県・女)

ページトップ