よくあるパターン

テレビ番組のおきまり共通パターン集

刑事ドラマ

1/2

◆テーマ◆
  • 刑事ドラマでの定番パターン

(企画/テレビる毎日)

  • 洋画(アメリカ映画)の警察署内のシーンは、必ず連行者等で混み合っていて、雑多である。

    一橋中納言(男)

  • 刑事が二人で張り込み中、一人が「何か飲み物を買ってきましょう」と言って買ってくるものは、たいてい種類の違う缶ジュース2本で、待っていた刑事に好きな方を選ばせ、自分は残った方を飲む。

    こざる(長野県・男)

  • 事件がないとき、刑事課で刑事同士が将棋をやっているが、決まってどちらかの刑事が「待った!」をかける。

    こざる(長野県・男)

  • 犯人からとり返したジェラルミンケースには、何も入っていない。

    荒馬大介(群馬県・男)

  • 「自分はそこにいなかった」というアリバイは、犯人自身の失言で崩れる。

    荒馬大介(群馬県・男)

  • 警部は部下の名前をなかなか覚えない。

    こざる(長野県・男)

  • 複数の人を殺してしまった犯人が若い女の場合、最後にすべてを告白したあと、きまって自殺をする。

    こざる(長野県・男)

  • 運停車中に犯人発見の通報を受けた時、車はUターンしてから向かう。

    荒馬大介(群馬県・男)

  • 運転中に犯人を見つけても、犯人は反対車線の歩道を歩いているのですぐには捕まえられない。

    荒馬大介(群馬県・男)

  • 前科者は刑事をダンナと呼ぶ。

    こざる(長野県・男)

  • 取調室の照明は、電気スタンドのみである。

    荒馬大介(群馬県・男)

  • 殺人事件はたいていモノトリの犯行ではない。

    こざる(長野県・男)

  • テレビの臨時ニュースがあると殺人事件を報じていることが多い。

    機密文書紛失(男)

  • 電話をとるとき、外線にも関わらず、「刑事課」とか石原プロモーション系だと「名字」というのを多々見かける。

    一橋中納言(男)

  • 刑事を見て逃げ出したチンピラはすぐに捕まり、「どうして逃げたんだ!」と聞くと「追いかけてくるから」と答える。たいてい事件には無関係のことが多い。

    こざる(長野県・男)

  • 刑事が犯人を追いかけ取り逃がすのは、決まって踏み切りである。(太陽にほえろでは小田急線が多かった)

    踊る室井(大阪府・男)

  • 刑事が車を止めるときは、必ずキーを抜かずにそのまま車外に出て行ってしまう。

    踊る室井(大阪府・男)

  • キャリアとノンキャリヤの意見・信条の対立があり、その例外は、踊る捜査線のカンチとギバであろう。

    一橋中納言(男)

  • 自動車が止まるときどう見ても急ブレーキでもないのに「キキー」と音がする。

    機密文書紛失(男)

  • いかにも怪しい男は犯人ではなく、殺されることが多い。

    こざる(長野県・男)

  • 犯人が死ぬ場合、かなりの確率で死の直前には善人になり、あろうことか被害者にまで許されてしまう。

    テレビじゃんきー(男)

  • 捜査に協力的な民間人はほぼ犯人である。

    テレビじゃんきー(男)

  • 事件は刑事が休暇中によく起きる。

    こざる(長野県・男)

  • みんなは自殺と断定しているのに、必ず1人だけは他殺だと信じている。

    こざる(長野県・男)

  • 時限爆弾は爆発寸前に止まる。

    こざる(長野県・男)

  • 課長は胃薬をよく飲む。

    こざる(長野県・男)

  • 鑑識や刑事がどんなに調べても何も見つからなかったのに、遅れてきた刑事がすぐに何かを見つける。

    こざる(長野県・男)

  • 逆探知はあと一歩のところで失敗する。

    こざる(長野県・男)

  • ラーメン屋のおやじは事情通である。

    こざる(長野県・男)

  • 刑事が容疑者や参考人のアパートへ行き、ドアを叩いていると、隣りの家からパジャマ姿で頭にカールを巻いたオバサンが出てきて「うるさいわね!」と怒鳴られる。

    こざる(長野県・男)

  • 刑事が聞き込みをしていて、去ろうとすると途端に目撃者は言う事を思い出す。

    T-N(大阪府・男)

  • 一度に複数の事件が起きない。

    こざる(長野県・男)

  • 刑事が1人ずつ順番に話す。

    こざる(長野県・男)

  • 課長に聞き込みの報告をする時、メモを見ればよさそうなものを、わざわざ丸暗記をしている。

    ショパン三世(長野県・男)

  • 参考人のアパートに行くと、たいてい3日前に引っ越している。

    こざる(長野県・男)

  • ものすごく狡猾な殺人犯なのに、たいてい死体は現場にほったらかし。

    あかまつあたる(東京都・男)

  • 刺殺・撲殺死体は目を開けて倒れている。

    あかまつあたる(東京都・男)

  • 溺死体は9割がたうつ伏せに浮上してくる。

    あかまつあたる(東京都・男)

  • 殺人事件の目撃者が幼児の場合、その子はたいてい胆が座っている。

    あかまつあたる(東京都・男)

  • 洋モノだと探偵・刑事に犯罪を見抜かれた犯人は法廷を待てばいいものを、即座に自殺するケースがけっこうある。

    あかまつあたる(東京都・男)

ページトップ